カウンセリング

夫や、恋人との関係で悩んでいる方へ

フェリアン大阪・京都では、夫婦やカップルがより良い関係を築くための、個人カウンセリングや、夫婦・カップル同席による夫婦・カップルカウンセリングを行っています。

夫や恋人との不和が起こるとき

夫や恋人は、とても重要な存在ではありますが、身近な存在であるからこそ、様々な問題がおこります。

交際を始めたころや結婚当初は、とても好ましく思えた相手の性格や態度が、月日がたつにつれて、非常に疎ましく感じるようになることもあります。価値観の違いが明らかになったり、相手に期待するものが得られず、不満が募っていくこともあります。

また、環境の変化、例えば、子どもの誕生や、転職、転勤、病気や事故、それぞれの親との関係などによっても、互いの役割が変化し、「ズレ」が生じやすくなります。

小さな「ズレ」に気づき、カップルが修復のために歩み寄ることができれば、より強い絆で結ばれる可能性もありますが、どうせ言っても変わらないと、「ズレ」を放置したままにすると、とても埋めようのない溝となって、夫婦、カップル間を決裂させてしまうことにもなりかねません。

夫や、恋人との間で生じやすい問題

二人がともに過ごす間には、様々な問題が生じてきます。

例えば、コミュニケーションがうまくいかない。けんかばかりしてしまい解決方法がわからない。結婚、再婚、離婚をどうするか悩んでいる。セックスレスで悩んでいる。子どもを産む・産まないの選択で意見が一致しない。パートナーが、アルコールやギャンブル依存で困っている。パートナーが浮気をしているなど。

危機を乗り越えるために

夫婦・カップルが、ともに上手くやっていくためには、お互いの違いを認め、受け入れる努力が必要です。相手が「ちっともわかってくれない」と嘆く前に、自分自身を振り返って、どこまで相手を理解しようとしているのか、自分の主張ばかりを通そうとしていないか等の点検をする作業が役に立つこともあります。

他者とはうまくいくのに、夫や恋人との間がギクシャクしてしまい、ストレスに感じてしまうというときも、相手との距離がほどよく取れておらず、自分自身の不安や怒りを相手に転嫁して、解消しようとしていることもあります。

夫婦・カップル関係がうまくかないパターンを見極め、率直に互いの気持ちを伝えあうことで、危機を乗り越えていければ、互いの信頼や愛情は深まるでしょう。

ただし、二人の関係を見つめ直す作業を通じて、相手との関係が一方的に傷つく関係であったり、どちらかが常に我慢を強いられていたり、また周りの家族へも悪影響を及ぼしているということがわかった場合には、別れたり離婚するのが最善の方法であることもあります。

ページトップへ戻る