カウンセリング

災害・事故・事件・性被害による喪失と生きづらさを抱えた方へ

フェリアン大阪・京都では、災害・事件・事件・性被害など、突発的危機による喪失と生きづらさを抱えた方へのカウンセリングを行っています。

人生の中で、災害(地震、津波、台風、火災)、事故(交通事故、大けが)、事件(暴力を振るわれる、性被害)、その他、いじめやドメスティック・バイオレンス、大切な人を突然失うなどの予測もしない出来事にあってしまうことがあります。

出来事そのものによるストレスだけでも大きなもので、トラウマとなる可能性があります。それに加えて出来事によって引き起こされた喪失も、またストレスとして積み重なります。家や家財などの物ばかりではなく、健康な身体の機能や、大切な人を失ってしまうこともあります。老衰や病気など予測されたものより、事故や災害、自死などによる予測していなかった人の死は、心の準備も覚悟もできないため衝撃は大きく、受け入れることは困難が伴います。

また、目には見えづらい喪失もあります。人は、今日と変わらぬ日々が続いていくことを想定し、それなりの基本的な安心感の上で暮らしているものではないでしょうか。明日のことは分からないということは頭では理解していたとしても、常に明日のことを不安に思って暮らしているわけではないでしょう。しかし、突発的な出来事は、この基本的な安心感を揺るがします。

トラウマ体験以前に持っていた自己イメージ、たとえば健康であるとか、純粋無垢であるという自己イメージが失ってしまうこともあります。人による被害の場合や、その後適切な支援が得られなかったことにより、社会への信頼を失い、人が怖くなり、常に過剰に警戒し、人とつながりづらくなることもあります。思い描いていた未来の喪失により希望が持てなくなることや、神に見捨てられたと信仰心を失ってしまうことさえあるでしょう。

実際は自分に責任がないにも関わらず、自責の念にとらわれ、自分に対する信頼を失ってしまうことも、少なくありません。また、トラウマ体験をきっかけとする症状などにより日常生活が困難になり、通常の生活に戻れないことを、自分の弱さであると責め、無力感を強めてしまうこともあります。ストレスが雪だるま式に積み重なり、支援が得られない中で、個人的要因ではないトラウマ体験がいつの間にか自分の問題、自分のせいになってしまう生きづらさを抱えがちです。

私たちは、様々なトラウマのある人たちと出会ってきました。過酷な状況の中で、時に絶望の縁を歩きながら、様々な症状を抱えつつ、それでも生き延びてきた人たち。そんな人たちと、カウンセリングの時間を共有させていただく中で、回復していくその姿に、その逞しさ、力、強さに驚かされることもしばしばあります。人にはどんな困難な環境をも生き抜こうとする力が備わっているかのように感じられます。人は繊細で傷つきやすく、そしてとても逞しい存在であると思います。

フェリアン大阪・京都では、カウンセリングを通して、トラウマやPTSDからの回復をサポートしています。

回復に役に立つことやカウンセリングについて、詳しくは以下のページをご覧ください。

トラウマ(心の傷)、PTSDで悩んでいる方へ

カウンセリングお問い合わせフォーム

ページトップへ戻る