カウンセリング

強迫性障害・強迫神経症の方へ

フェリアン大阪・京都では、強迫性障害/強迫症の方へのカウンセリングを行っています。

玄関のカギやコンロの栓などを閉めたかどうかが気になり何回も確認したり、手や体が汚れているような気がして何度も長時間にわたって、手を洗ったりシャワーを浴びたりすることに、苦痛を感じていませんか。

外出する際に、玄関のカギやガス栓を閉めたかどうかを、数回確認するというのは、多くの人にあることでしょう。しかし、駅について、もしくは職場についてから、気になって仕方がなく、家に確認をしに戻らないと気が済まなかったり、それにより職場や待ち合わせの時間に遅刻したりすることはないでしょうか。

きれい好きで手を洗う回数やシャワーの回数が多かったり、時間が多少長かったりしても、個性の範囲でしょう。しかし、何度も長時間にわたって、手を洗うことやシャワーを浴びることに苦痛を感じていたり、その苦痛のために、必要な物に触れることができなかったり、汚れるのがいやで外出しにくくなってはいないでしょうか。

これらのことで、活動の範囲が狭められ、日常生活に支障が及んでいる場合は、強迫性障害の可能性があります。

症状

強迫性障害の症状には、強迫観念と、強迫行為があります。

強迫観念とは、その考えがおかしいと分かっていても、頭から離れない考えのことです。強迫行為とは、強迫観念による不安をやわらげようとするための行為で、自分でも、やる必要がない、やり過ぎている、と分かっていてもせずにはいられない行為のことです。

  • 不潔恐怖と過剰な洗浄
    汚れることへの不安があり、過剰に手洗いやシャワー、洗濯、拭き掃除をします。また汚れていると感じるもの、ドアノブや手すり、靴、郵便物や回覧版、お金など他人が触ったものに触ることが苦痛になります。また、汚れていると感じたものを触った手で別のものに触ると、汚れが移り、拡大していくことに恐怖を感じます。このため、ティッシュで挟んで触ったり、また家族にも自分と同じような行動をとるよう要求したりして、家族が負担を感じていることもあります。不潔と感じるものがだんだんと広がっていくこともしばしばあります。
  • 確認行為
    玄関のカギを閉めたかどうか、ガスコンロやストーブなどのスイッチを消したかどうかが気になり、何度も確認をします。確認に時間がかかり、約束の時間に遅れてしまうこともあります。
  • 加害恐怖と確認
    誰かとすれ違った時や、運転中などに、人にけがをさせていないかどうかが気になって確認したり、周りの人や時には警察に尋ねたりします。人にひどいことを言ってしまったり、万引きをしたりしないかどうかという不安を持つ人もいます。
  • 儀式行為
    自分の決めた手順があり、その通りにしないと不安が高まります。このため、手順通りにできたかどうかを何度も確認したり、手順を抜かした場合最初に戻ってやり直したりするために、時間がかかったり、時間がかかるのがつらくて取り掛かれなくなる場合もあります。
  • 数字などへのこだわり
    不吉な数字・幸運な数字と本人が決めたものがあり、縁起をかつぐというレベルを超えてこだわったり、 なんでも数を数えない時が済まなかったり、特定の色に対して意味づけをしてこだわったりすることがあります。
  • 物の配置、対称性などへのこだわり
    物の配置や対称であること、整理整頓などにこだわりがあり、そうなっていないと不安になります。

そのほか、物を落としたかどうかが気になって外出がしづらくなったり、不要なものが捨てられなくなったりすることもあります。

生涯で強迫性障害になる人は、50-100人に一人と推定されています。また、強迫性障害の症状に苦悩・疲弊し、日常生活に支障が生じることで、うつ状態を伴うことがしばしばあります。

強迫性障害からの回復のために

フェリアンでは、強迫性障害からの回復を助けるために、以下のようなサポートを行っています。

<暴露反応妨害法>

強迫性障害の症状をやわらげるために、認知行動療法の暴露反応妨害法が役立ちます。

カウンセリングは、以下のように進めていきます。

①行動分析

強迫性障害の行動分析を行い、以下の点を明らかにします。

・症状がどのような場面や刺激で現れるのか

・その背景にどのような不安や恐怖があるのか、

・どのような行為や回避をしているのか

・家族や周囲を巻きこんでいるのか。

巻きこんでいるならば、どのように巻きこんでいるのか。

・日常や社会生活への影響はどの程度あるのか

②目標の明確化

カウンセリングでまずは何から取り組んでいくのかを、相談に来られた方の希望をお尋ねしながら、話し合って決めていきます。

③不安階層表を作る。

その目標を達成するまでの、細かなステップ(段階)を明らかにし、不安の低い取り組みやすい行動から、そうでない行動までの順番を記した一覧を作ります。

④課題に取り組む

カウンセラーと話し合いながら、不安の低い取り組みやすい課題から実施していきます。

うまくいかなければ、その要因を明らかにしながら、カウンセラーと話し合って、課題を修正していきます。

うまくいけば、次に不安の低い取り組みやすい課題に取り組み、順番に目標達成に向けて順々にステップアップしていきます。

<認知療法>

強迫性障害のある方には、完ぺき主義、白黒思考の強い方が少なくありません。その場合は、認知療法により、思考の硬さをゆるめていくことに取り組むことが、効果的です。

<その他>

強迫性障害は、思春期から20代半ばのストレスのある時期に発症しやすく、ストレス・マネジメントの力を高めていくに取り組むことも有効です

幼少期の厳しすぎる養育環境が影響していることもあり、その場合には、過去の体験をカウンセリングで扱っていくことが役立ちます。

お薬の助けが必要な方には、クリニックを紹介致します。

強迫性障害のために、やりたいことや外出ができなかったり、仕事につけなかったりするのはつらいことです。また、子どもにも同じようにすることを求めてしまい、罪悪感に苦しんでいる方も少なくありません。

フェリアン大阪・京都では、カウンセリングを通して、強迫性障害で苦しんでいる方の、回復の道のりをサポートしています。

参考:厚生労働省ホームぺージ みんなのメンタルヘルス

ページトップへ戻る