EAP(従業員支援プログラム)

人材定着・豊かな職場づくりをサポートする フェリアン援助職EAP

“Employee Assistance Program”(従業員支援プログラム)は職員をサポートすることで、メンタルヘルスの向上とスキルアップを助け、人材定着、組織充実に貢献するシステムです。

フェリアンでは援助職支援に長く関わり、実績豊かな講師陣と臨床心理士たちが車の両輪のように、スキルアップとメンテナンスの両面からサポートするプログラムを展開しています。

援助の現場に理解を持つ臨床面(カウンセリング)と体系化した魅力的な研修(予防啓発面)の両面からの包括的なサポートがフェリアンEAPの強みです。

社会福祉法人、保育園連盟・幼稚園連合会、医療法人、学校法人、行政等のご契約をお受けしています。詳しくはお問い合わせくださいませ。資料等をお送りいたします。

フェリアン援助職EAPの目的

援助職(社会福祉・医療・保健・介護・教育・行政)のスキルアップと人材定着をはかり、いきいきと働くことを支援します。個別相談と研修の両面で援助職の皆さまをサポートするのがフェリアンEAPです。

felieneap01.jpg

個別相談

1.カウンセリング

臨床心理士による短期問題解決型のカウンセリングを行います。

(認知行動療法、解決志向セラピーなど)

felieneap02.jpg

2.コンサルテーション

子ども、保護者、利用者、利用者家族、職員等への対応について心理の専門性を活かした提案・助言を行います。

研修

1.職員のスキルアップ

2.メンタルヘルスの保持・増進

3.職場の活性化

felieneap03.jpg

EAPの流れ

1.ニーズの聞き取り

2.プランの提示

(ニーズに合わせて内容・回数等をオーダーメイド)

3.契約

4.EAPの開始

EAPの内容

□EAP導入時研修

□個別相談(カウンセリング、コンサルテーション)

□ニーズに応じた研修

felieneap04.jpg

フェリアン

窪田容子(所長) 津村薫(副所長)

臨床心理士 下地久美子、渡邉佳代、小田裕子、安田裕子、今井千代美、澤樹亜実

講師 森﨑和代、桑田道子、前村よう子

事務局 後藤よしえ、宇都宮ゆかり

〒530-0035 大阪市北区同心2丁目11番1号ハイネス同心202

TEL (06)6232-8345 受付時間 月~金 10時~17時

援助職EAPお問い合わせアドレス eap@felien.co.jp

ページトップへ戻る