カウンセラー・講師紹介

今井千代美(カウンセラー)

今井千代美

臨床心理士

精神保健福祉士

花薗大学 非常勤講師

矯正施設処遇カウンセラー

略歴

2017年~ フェリアン スタッフ

金沢大学文学部行動科学科卒業。

25年間、行政の精神保健相談員として、保健所、精神保健福祉センターなどで勤務後、早期退職。在職中、佛教大学教育学研究科修士課程修了。

その後、救命救急センターにおける自殺未遂者支援、精神科クリニックカウンセラー、保健所心理士、女性センターカウンセラー、などを経験。

カウンセリング

トラウマ体験は、自分の心身を傷つけ、時には、自分の大切な人も巻き込んでしまうことがあります。また、自分ではそうと気づかず、ずっと以前の傷つき体験が、今に影響し、うつや引きこもり、対人関係の困難さなどの問題として現れていることも多いのです。

虐待、DV性被害など被害体験からの回復、アダルトチルドレン(AC)として生きづらさ、うつひきこもり不安障害達障害などの、様々な相談をお受けします。

来談者中心療法認知行動療法解決志向セラピー(ソリューション・フォーカストセラピー)などと、ソマティック・エクスペリエンシング(SE)、ブレインスポッティングホログラフィートーク、などのトラウマケアを組み合わせて、カウンセリングを行います。必要に応じて、SEタッチセラピー、TFT、ブレインジムなどの身体からのアプローチも取り入れています。

時には立ち上がれないほど傷つき、もう生きていけないとさえ思うときがあるかもしれません。でも、誰かが寄り添い、共に悩み考えてくれたら、人はまた必ず歩き出すことができる。誰の中にもその力(ちから)があることを、30年の経験の中で学びました。共に歩むお手伝いができたらと思っています。

ページトップへ戻る