カウンセリング

夫婦・カップルカウンセリング

夫婦や恋人との関係で悩んでいませんか?

フェリアンでは、夫婦間、カップル間でのお二人の悩みについて、ご相談に応じています。以下のようなことで悩んでいませんか?

  • コミュニケーションがうまくいかない
  • 二人で話をしていても、堂々巡りで解決がつかない
  • セックスレスで悩んでいる
  • パートナーとの関係を修復したいが、どうしていいかわからない
  • 子どもの前で夫婦喧嘩はよくないと思うものの、繰り返してしまう
  • 結婚、離婚、再婚について悩んでいる
  • 子どもを生む・生まないの選択でパートナーとの意見が一致しない
  • 子どもが生まれないということで、夫婦関係がぎくしゃくするようになった
  • パートナーがアルコール依存など病気を抱えている

・・・など

対象

夫婦・カップルカウンセリングの対象は、夫婦・カップルなどお二人です。

以下を満たしている場合に承ります。

・双方にカウンセリングを受けるご意思のあること
・お二人の間に暴力がないこと
・裁判、調停など係争中ではないこと

もし、どちらかが夫婦・カップルカウンセリングを希望しているが、相手が同意しないという場合、暴力を振るわれている、またはその恐れのある場合、裁判、調停など係争中である場合は、個人カウンセリングをご検討ください。

夫婦・カップルカウンセリングとは

夫婦・カップルカウンセリングは、お二人でお越し頂いて、カウンセラーと共に、夫婦やカップルのより良い関係を模索していこうとするものです。
二人で話せば、いつも大げんかになってしまうことも、第三者を交えて話すことで、冷静に率直な話ができることもよくあります。
夫婦・カップルカウンセリングでは、カウンセラーと共に、二人のコミュニケーションのパターンを見直し、よりよいコミュニケーションのあり方を模索していきます。
例えば、「あなたは何も分かってくれていない!」「お前の方こそ!」など、互いに気持ちを怒りで表現しあっていれば、不毛な言い争いになりがちです。怒りがエスカレートして、傷つけ合い、関係が悪化していくこともよくあります。
怒りの感情の背後には、悲しみや寂しさの感情があり、その感情こそが 中核の感情であることに気づき、「気持ちを、分かってもらえていない気がして寂しい」と伝えた方が、互いに相手の気持ちを受け止めやすくなります。
また、言い争いがエスカレートしないための工夫を一緒に考えることもできます。

また、次回のカウンセリングまでに、お二人の関係性を変化させるための小さな課題をお願いすることもあります。
例えば、関係をより良くするために、それぞれができることを探し、次回のカウンセリングまでの間に試していただきます。
その結果が、より良い関係への一歩となれば、次の一歩についてまた一緒に考えていきます。
課題がうまくいかなければ、再度課題について見直し、夫婦やカップルの関係を向上させるためにできる他の工夫について、共に探していきます。

パートナーとの関係をあきらめてしまう前に、夫婦・カップルカウンセリングを試してみませんか。

料金/80分 お二人で、10,000~15,000円(フェリアン大阪)、12,000~15.000円(フェリアン京都)(フェリアン京都は現在混み合っており、当分の間、金曜・日祝と夜間はご予約を休止させて頂いています。土曜・平日日中も予約待ちとさせて頂き、空きが出た時点でご連絡差し上げます。)

ページトップへ戻る