講師・カウンセラー紹介

安田裕子(カウンセラー)

プロフィール

臨床心理士

立命館大学 文学部人文学科心理学域心理学専攻 准教授

おおさか介護サービス相談センター 専門相談員

NPO法人 FLC安心とつながりのコミュニティづくりネットワーク正会員(「DV子どもプロジェクト」)

略歴

2004年3月 立命館大学大学院応用人間科学研究科臨床心理学領域修士課程修了

2004年4月 女性ライフサイクル研究所スタッフ

2010年3月 博士(教育学,京都大学)

これまで,京都大学大学院教育学研究科教務補佐・研究員,立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員,大阪府スクールカウンセラー,他大学非常勤講師などを経験

関心領域・活動分野

キーワード:産みと育ち,人生の選択と岐路,質的研究法(複線径路・等至性アプローチ),ナラティヴ,生涯発達心理学,DV被害とその支援,コミュニティ支援,当事者の視点

大学卒業後に社会人経験を経て臨床心理学を学び,2004年4月よりFLCスタッフとなりました。人が今を生きる過程において,他者と出会い,様々な出来事や危機に直面・遭遇するなかで,どのような選択をし,いかにして個別多様な人生を築いていくかということに関心をもち,研究ならびに援助実践を行っています。

子どもを望んでも恵まれないという生殖の危機に直面した女性やカップルの,子どもをもつことに関する選択と経験の語りを捉え,まとめてきました。また,インタビューにより語りを聴きとる営みを通じて,過酷な経験を抱えながらも前を向いて歩んでいこうとする人びとの貴い有り様から,たくさんの学びをいただいてきました。

リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(生殖に関する「健康」と「権利(擁護)」)の観点から,当事者の方々から聴かせいただいた経験を,地域・学校における教育,社会における認識の向上や意識啓発に活かしていきたいと考えています。

また,カウンセリングでは,生涯発達の観点を大切にしながら,不登校,発達障害,DV被害,夫婦関係,家族の問題,職場での人間関係,人生の選択に関することなど,多様な相談を受けています。

「臨床」と「研究」と「教育」の3つを相循環させることをモットーに活動してきましたが,今後より一層,人を育てる&人が育つということに関心とエネルギーを注いでいきたいと考えています。

講師

・「不妊という経験を通じた自己の問い直し過程―治療では子どもが授からなかった当事者の選択岐路から」質的心理学研究,4,2005年

・「産み育てるということ―不妊治療経験のある女性の語りから」女性ライフサイクル研究第15号 人生の選択に迷うとき―新しいライフサイクルをめぐって,2005年

・「血のつながりのない家族関係を築くということ―非配偶者間人工授精を試み,その後,養子縁組で子どもをもった女性の語りから」立命館人間科学研究,11,2006年

・「複線径路・等至性モデル―人生径路の多様性を描く質的心理学の新しい方法論を目指して」質的心理学研究,5,2006年(共著)

・「女性が不妊治療を選択するということ―治療をやめる選択肢をみすえて」教育方法の探究(京都大学大学院教育学研究科教育方法学講座紀要),9,2006年

・「精子・卵子・胚の提供による生殖補助医療で親子関係を築く人々への支援―子どもへの告知に焦点をあてて」家庭教育研究所紀要,29,2007年

・「非血縁の親子関係を築く選択と経験―不妊治療では子どもを産むことができなかった女性のナラティヴ」心理臨床学研究,25,2007年

・「未婚の若年女性の中絶経験―現実的制約と関係性の中で変化する,多様な径路に着目して」質的心理学研究,7,2008年(共著)

・「不妊治療をやめる選択プロセスの語り―女性の生涯発達の観点から」パーソナリティ研究,16,2008年(共著)

・「不妊治療者の人生選択のナラティヴ―子どもをもつことをめぐって」京都大学大学院教育学研究科博士論文(登録番号 論教博第141号),2010年

・「生殖補助医療をめぐる20年と女性の選択―社会・関係性・自己決定」女性ライフサイクル研究第20号 女たちの20年―女性を取り巻く社会は変わったか,2010年

・「女性の生殖へのアドボカシー」女性ライフサイクル研究第21号 コミュニティ・エンパワメント―安心とつながりを目指して,2011年

・「インタビューの相互行為におけるわからなさの可能性」共同対人援助モデル研究第2号,2011年

・「複線径路・等至性モデルのTEM図の描き方の一例」立命館人間科学研究,25,2012年(共著)

・「血のつながりに依らない家族―社会的養護と生殖補助医療のなかで」女性ライフサイクル研究第22号 いま,「家族」を問う,2012年

・『変容する語りを記述するための質的研究法―TEM and Narratives as Archives』共同対人援助モデル研究第6号,2013年

・「女性の身体と生殖―進展する生殖補助医療とその選択のなかで」女性ライフサイクル研究第23号 フェミニズムはどこへ,2013年

著書

・「生殖補助医療を受けた女性の語りから―不妊治療の場からみえてくること」クリニカル・ガバナンス―共に治療に取り組む人間関係 現代のエスプリ458,2005年,至文堂

・‘Sampling reconsidered:Personal histories-in-the-making as cultural constructions’Cambridge Handbook of Sociocultural Psychology,2007年,Cambridge University Press(共著)

・「フィールドワークの論文指導」質的心理学の方法,2007年,新曜社(共著)

・「不妊治療の場を越えるために―生活の場との境界を行き交って」<境界>の今を生きる―身体から世界空間へ・若手15人の視点,2009年,東信堂.

・「不妊治療経験者の子どもを望む思いの変化プロセス―子どもをもつことができなかった女性の選択岐路から」TEMではじめる質的研究―時間とプロセスを扱う研究をめざして,2009年,誠信書房

・「未婚の若年女性の中絶経験―その径路をTEM図で描いてみる」TEMではじめる質的研究―時間とプロセスを扱う研究をめざして,2009年,誠信書房

・「子どもに恵まれないこと」成人発達臨床心理学ハンドブック―個と関係性からライフサイクルを観る,2010年,ナカニシヤ出版

・‘Understanding a person as a whole: Transcending the Anglo-American methodolatry and Continental-European holism through a look at dynamic emergence processes’Methodological thinking in psychology: 60 years gone astray? 2010年,Information Age Publishing(共著)

・‘How can the diversity of human lives be expressed using TEM?: Depicting the experiences and choices of infertile women unable to conceive after infertility treatment’MAKING OF THE FUTURE: The Trajectory Equifinality Model in Culture Psychology,in press,Information Age Publishing

・「これだけは理解しよう,超基礎概念」TEMでわかる人生の径路―質的研究の新展開,2012年,誠信書房

・「TEM の超基本と9±2人を対象とする研究による径路の類型化」TEMでわかる人生の径路―質的研究の新展開,2012年,誠信書房

・「臨床実践への適用可能性」TEMでわかる人生の径路―質的研究の新展開,2012年,誠信書房

・『TEMでわかる人生の径路―質的研究の新展開』,2012年,誠信書房(共編著)

・『不妊治療者の人生選択―ライフストーリーを捉えるナラティヴ・アプローチ』,2012年,新曜社

・「複線径路・等至性モデル(TEM)―人生の径路を捉えてみよう」社会と向き合う心理学,2012年,新曜社

・「うしなう 不妊・中絶」発達心理学事典,2013年,丸善出版

・「当事者の生(せい)に寄り添うということ―対人援助活動のさらなる連携と融合に向けて」対人援助学を拓く,2013年,晃洋書房

・「質的アプローチの教育と学習」質的心理学ハンドブック,2013年,新曜社

・‘Touching realities: Meaning-making on the center stage’(Part IV. Contextual realities: Moving beyond the school Commentary)Lives and relationships: Culture in transitions between social roles,2013年,Information Age Publishing(共著)

・「不妊治療の終結をめぐる当事者の語り―生殖補助医療の進展のなかで可視化される,子をもつ願望とその相克」グローバル化時代における生殖技術と家族形成,2013年,日本評論社

・‘From Describing to Reconstructing Life Trajectories: How the TEA (Trajectory Equifinality Approach) explicates context-dependent human phenomena’Culture Psychology and its Future: Complementarity in a new key,2014年,Information Age Publishing(共著)

報告書

・『トラウマを受けた子どもへの予防的危機介入のためのプログラム作成および試行的実施プロジェクト―DV家庭に育った子ども支援プログラム作成の試み』第34回(平成15年度)三菱財団社会福祉研究事業・研究助成,2004年(共著)

・「配偶子・胚提供による親子関係への心理的支援」平成16年度厚生労働科学研究費補助金 子ども家庭総合研究事業「生殖補助医療の安全管理および心理的支援を含む統合的運用システムに関する研究」主任研究者 慶応義塾大学・吉村泰典,2005年(共著)

・「配偶子・胚提供による親子への心理的支援」平成17年度厚生労働科学研究費補助金 子ども家庭総合研究事業「生殖補助医療の安全管理および心理的支援を含む統合的運用システムに関する研究」主任研究者 慶応義塾大学・吉村泰典,2006年(共著)

・「生殖補助医療を受けて生まれた子どもとその家族への心理的社会的サポートシステムの構築Ⅰ」平成18年度厚生労働科学研究費補助金 子ども家庭総合研究事業「生殖補助医療の安全管理および心理的支援を含む統合的運用システムに関する研究」主任研究者 慶応義塾大学・吉村泰典,2007年(共著)

・「提供型生殖補助医療を受けて生まれた子どもとその親への心理的社会的サポートについてⅡ―配偶子・胚の提供を受けて生まれた子への告知はいかにあるべきか」平成18年度厚生労働科学研究費補助金 子ども家庭総合研究事業「生殖補助医療の安全管理および心理的支援を含む統合的運用システムに関する研究」主任研究者 慶応義塾大学・吉村泰典,2007年(共著)

・『DV家庭に育った子ども支援の試み―派遣プログラムの展開』2006年度ドコモ市民活動団体への助成事業,2007年(共著)

・「ウィーン・プロジェクト―多文化ナラティヴとライフサイクルの探求」多文化横断ナラティヴ―臨床支援と多声教育,研究代表者 京都大学・やまだようこ,2013年(共著)

・「DV被害母子への支援とその連携可能性(中間報告)」文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究「法と人間科学」中間報告書,研究代表者 北海道大学・仲真紀子,2013年

・『DV被害を受けた母子への支援―法と心理・福祉の連携と協働の観点から』科学研究費補助金新学術領域研究「法と人間科学」公募研究「DV被害母子支援の地域連携―福祉・心理と司法の融合に向けたアクションリサーチ」 研究代表者 立命館大学・安田裕子,2014年

その他(小冊子)

・「不妊治療をする選択,やめる選択―子どもを望む夫婦の幸福,生まれてくる子どもの幸福」SIMPATIA2 特集 医療・選択肢・幸福,2007年

・『子どもをもつことができなかった夫婦の人生の選択―不妊治療をする,その次の選択』科学研究費補助金 若手研究(A) 研究代表者 安田裕子「不妊治療経験者の選択と岐路,その支援―多様な親子関係を築く女性と子どもの語りから」,2010年

社会活動

・2007年9月~2009年11月 立命館大学 大学院応用人間科学研究科 校友会 監査役

・2010年11月~ 日本質的心理学会会務委員

・2011年8月~2013年7月 日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員

・2012年12月~2013年2月 日本質的心理学会 選挙管理委員

・2013年1月~ 日本発達心理学会国内交流委員

所属学会

日本心理学会,日本心理臨床学会,日本質的心理学会,日本コミュニティ心理学会,日本発達心理学会,対人援助学会,日本生殖医療心理カウンセリング学会

ページトップへ戻る