講師・カウンセラー紹介

小田裕子(カウンセラー)京都担当

プロフィール

臨床心理士
公認心理師
社会福祉士
立命館大学非常勤講師
教育研究所スーパーバイザー
母子生活支援施設スーパーバイザー
特定非営利活動法人 FLC安心とつながりのコミュニティづくりネットワーク理事

略歴

立命館大学大学院応用人間科学研究科 臨床心理学領域修士課程修了。
学生時代は、子どもを中心とする福祉分野(情緒障害児短期治療施設、児童養護施設、児童相談所)で学び、大学院から臨床心理学を専攻。スクールカウンセラー、母子生活支援施設での心理相談員、地域への出張・子育てカウンセリングを経て、現在ではフェリアンのカウンセリングとともに、福祉・教育現場のスーパーバイズ、大学での授業を通して、支援者支援や教育活動にも関心を向けている。

カウンセリング

カウンセリングとは、自分と向き合い、本来の自分に基づく人と社会とのつながり方を見つけ直すお手伝いをすることだと思っています。そのため、カウンセリングでは、来談された方の傷つきと特性、これまで生きてきた力に着目する本人支援と、ご自身を取り巻く環境支援(家族夫婦・恋人学校・職場)を心がけています。具体的には、来談者中心療法をベースとした本人の語りを中心に、芸術療法イメージ療法認知行動療法自我状態療法を組み合わせながら、悩みや症状の本質を共有し、心の声に耳を傾け、自分への理解が深まるようサポートします。そのうえで、自分に基づく表現、意思決定や行動選択ができるようになることを応援しています。心の状態を視覚化できる箱庭描画などの非言語による表現手段を用いたり、生活リズムや感情・思考・行動の意識化を促したり、五感やイメージを用いて、自分自身とうまく付き合っていくお手伝いをしています。
また、必要に応じて人間関係や環境の調整を行い、社会資源とのつながり方も一緒に考えていきたいと思います。

様々な形で表出される生きづらさ(子育て人間関係の悩み対人緊張不安怒りの感情コントロールの問題、過覚醒、フラッシュバックなどのPTSD症状解離性障害)には、子ども時代の不適切な養育環境(アダルトチルドレン)やトラウマ(DV・虐待・性被害いじめ)、発達特性、愛着関係の問題が複合的にからまっていることが少なくありません。今までの人生を振り返り、自分の問題と環境による問題を整理する中で、本来の自分を見出し、少しでも生きやすくなるよう共に取り組んでいきたいと思っています。また、個人カウンセリングだけでなく、夫婦・カップル、親子、家族へのカウンセリング、福祉現場や学校現場で日々奮闘されている対人援助者への支援(コンサルテーション)にも力を注いでいます。

講師活動

講師活動では、臨床経験を活かした予防啓発として「虐待」「DV」「不登校」「子育て支援」をテーマに取り組んできました。近年では、どのテーマの背景にもある発達課題や発達特性、愛着関係、トラウマとの関連性を複合的に理解すること、それを踏まえた環境づくり(支援者支援)に関心を寄せています。

支援者にとって不可欠な「自己覚知」「対人援助の基本」を入り口に、現場のニーズと困りを中心に捉えた「問題を抱えた子どもへの理解と対応(発達、不登校、DV、虐待等)「レジリエンスに着目した支援の在り方」「ケース検討」等の実践的研修や、援助者のメンタルヘルスに重きを置いた「ストレスマネジメント」「バーンアウト予防」等、心豊かな支援ができるよう講師活動をしていきたいと思っています。講義形式だけでなく、ワークやロールプレイ、質疑応答などを交えながら、共に考えを深め合えるように取り組んでいきます。

カウンセリングでの出会いや子育て経験を通して、現代社会の中で人がそれぞれの個性に応じた道筋やペースで育つことの難しさを痛感しています。それぞれの人が持っている個性と命のリズムに応じた、育ち(育ちなおし)の機会を保障していけるよう、カウンセリングや講師活動を通して安心できる人間関係づくりを目指しています。

論文

  • 「専門家の当事者性を回復する」(女性ライフサイクル研究第25号)
  • 「心理臨床家としての抵抗とレジリエンス」(女性ライフサイクル研究24号)
  • 「女性施設の変遷にみるフェミニズムの行方」(女性ライフサイクル研究第23号)
  • 「国際結婚」(女性ライフサイクル研究第22号)
  • 「レジリエンスに着目した子どもへの支援」(女性ライフサイクル研究第16号)
  • 「シングルで生きるとき」(女性ライフサイクル研究第15号)
  • 「戦争と平和」(女性ライフサイクル研究第14号)
  • 「現代に生きる対人援助者のメンタルヘルス向上のための箱庭」(修士論文)
ページトップへ戻る