カウンセラー・講師紹介

下地久美子(カウンセラー)

プロフィール

臨床心理士

大阪府スクールカウンセラー
大阪市女性総合相談センターカウンセラー(非常勤)
大阪市こども相談センターカウンセラー(嘱託)
特定非営利活動法人 FLC安心とつながりのコミュニティづくりネットワーク理事

略歴

2003年~2014年 女性ライフサイクル研究所スタッフ
2014年~ フェリアン スタッフ

関西学院大学文学部卒業。武庫川女子大学大学院心理臨床学科修士課程修了。
これまでに、中・高等学校でのスクールカウンセラー、専門学校学生相談室カウンセラー、保健センター心理判定員などを経験。

カウンセリング

カウンセリングでは、来談者中心療法をベースに、相談者に応じて、絵画・箱庭などの芸術療法イメージ療法認知行動療法、解決志向セラピー、自我状態療法ホログラフィートークEMDRTFT(思考場療法)などを組み合わせておこなっています。

虐待やDVなどのトラウマからの回復家族夫婦の関係、職場での人間関係不登校いじめうつ不安発達障害などからくる生きづらさなど、様々なケースの臨床に取り組んでいます。
傷ついた心は、もう一度、自分への信頼感、他者への信頼感、世界への信頼感を取り戻し、安心とつながりを感じることで回復していきます。共に道のりを歩みながら、その人の持つ力を引き出し、どんなに苦しい状態であっても希望を失わずに、自分らしく生きていくお手伝いをしています。

グループ

グループは、「母娘関係を考えるグループ」「怒りのコントロールを学ぶグループ」を担当。メンバーとの交流を通じて様々な気づきや学びを得られ、安心して話せる場を提供しています。

講演活動

講演活動は、「子育て」「思春期の子どもとの関わり方」「パートナー関係」「DV」「虐待」「不登校」「ストレスマネジメント」「怒りのコントロール」「女性の生き方」など、一般向けや援助者向けの講演をおこなっています。

「わかりやすく楽しく学べる!」をモットーに、講座型やワークショップ形式など、ご要望に応じて承っています。

論文

「臨床心理士という現象‐小説・ドラマに見るイメージから」(女性ライフサイクル研究第25号)

「私らしさを阻むものへの抵抗とレジリエンス-「夫婦別姓」の観点から」(同24号)

「NHK連続テレビ小説における女性像の変遷-フェミニズムの視点から」(同23号)

「家族と墓-これからの葬送のゆくえ」(同22号)

「コミュニティにおける「女性の悩み相談」の役割」(同21号)

「専業主婦という生き方をめぐる20年」(同20号)

「ダンスでみずからを取りもどす-DV被害を乗り越えて」(同19号)

「家業を継ぐとき」(同18号)

「父親とワークライフバランス-男性の育児休業のゆくえ」(同17号)

「非行歴をもつ少女のレジリエンスに学ぶ」(同16号)

「女性が離婚を選ぶとき-自分らしい生き方を求めて」(同15号)

「沖縄戦とひめゆりを語り継ぐ」(共著、同14号)

「女子青年における境界例的傾向と両親の養育態度との関連について」(修士論文)

所属学会

日本臨床心理士会、日本心理臨床学会、大阪府臨床心理士会、日本EMDR学会など。

ページトップへ戻る