カウンセリング

カウンセリングの方法

フェリアン大阪・京都ではさまざまな手法のカウンセリングを行っています。あなたの問題やニーズに応じて、役に立つカウンセリング方法を組み合わせ、問題解決型カウンセリングや統合的カウンセリングを実施します。

来談者中心療法

安心して自由に語る中で、自分への理解や気づきを深め、より自己一致した、安定した状態になることを目指します。

認知行動療法

主に行動や、認知(捉え方や考え方)にアプローチすることで、心の問題を解決する方法です。

解決志向アプローチ(解決志向ブリーフセラピー

問題の原因を追求するのではなく、相談者が本来持っている強さと潜在的な力に目を向け、問題の軽減や解決を目指すアプローチです。

EMDR 

眼球運動などを通して、トラウマの記憶を処理する心理療法です。トラウマへの心理療法として国連のWHOでも推奨されています。

自我状態療法

John G. Watkinsが考案した、複雑性PTSDに特に役に立つカウンセリングの方法です。

ホログラフィートーク

感情や身体症状の意味を読み取り、退行し、過去の自分に出会い、問題を解決し、癒すプロセスを援助する方法です。愛着障害による傷つきからの回復にも役立ちます。

イメージ療法

イメージは、感情をコントロールや自信の回復、目標達成、過去の整理など、様々なことに役立てられます。

芸術療法(アートセラピー)

言語とは違った方法を通して、気持ちを表現したり、開放させたり、気づきを得たりするものです。

箱庭療法

箱庭を用いながら、気持ちを表現したり、解放させたり、気づきを得たりするのものです。

ソマティック・エクスペリエンシング(SE)

身体感覚を主に用いるトラウマへのアプローチの方法です。

TFT (思考場療法)

鍼のツボを指でタッピングすることで、不安・恐怖・ストレス・トラウマ・パニック・強迫・うつ・依存などのマイナス感情を落ち着かせる方法です。

ページトップへ戻る