カウンセリング

ブレインスポッティング(BSP)

ブレインスポッティング(BSP)は、脳と身体に根差した新しいサイコセラピーです。

EMDRのエキスパートであったDavid Grand博士によって精神分析、ソマティックエクスペリエンス(SE)、そしてEMDR等の影響を受けて2003年に米国で開発されました。

視野上に「ブレインスポット」と呼ばれるトラウマと関連した目の位置を特定し、フォーカスして処理を行うBSPは「見る位置によって感じ方が変わる」というキャッチフレーズで言い表されます。

BSPは神経生物学的な仮説に基づいています。ブレインスポットにアクセスすることで皮質下の活性化と同時に、身体と感情体験を抑制する新皮質の活性化が起こることで、問題にフォーカスした高い活性化状態において身体の抑制機能を働かせ「終わっていなかったトラウマ反応を完了」させ、トラウマの影響を取り除きます。

無限大にある神経の結合が人間には存在するという事実から「癒しの本質は来談者の脳にある」と仮定し、それを唯一の癒しの拠り所として信頼します。セラピストが先に立って導くのではなく、むしろ、尾が頭に必ずついていく「彗星の尾」のようになって、徹底的に来談者の処理に寄り添っていきます。それにより、来談者が生存するための本来の力を引き出し、問題の解決へと誘います。

ブレインスポッティング・トレーニング・インスティチュート 日本(BTI-J)紹介ページより引用 http://btij.org/bsp

ブレインスポッティングを実施しているカウンセラーは北原(京都担当)です。
なお、現在混み合っており、ブレインスポッテングの受付は、当分の間休止とさせて頂きます。

ページトップへ戻る