講師依頼

フェリアンの保育士研修

人材確保・人材定着・キャリアパスをサポートいたします 現場から生じる困り感やご要望を大切に、企画段階からのご相談にも応じています

より豊かな保育をめざし、明日からの実践に活かせるよう、具体的・実践的な研修を実施

ご希望の場合は、ニーズに合わせた研修プランをご提案いたします

研修を受けること自体が保育士自身のメンタルヘルス向上に繋がる時間、保育の仕事の魅力や重要性を再確認し、希望を持って良い仕事をしていこうとする思いが湧くようなサポートの時間となるような研修を大切に考えています。

ステージ別(階層別)研修

新任・中堅・主任/施設長などステージ別(階層別)に合った内容を提供いたします

新たに身につけるべき知識、何度も繰り返して確認すべき基礎の両面を大切にしてゆくことが保育士としての専門性を高めます。

各ステージの課題を確認でき、それぞれのさらなる成長・専門性を高めることをサポートいたします。

新任研修

社会人としてより良い仕事をするためにメンタルヘルスを向上させ、社会人としての確かな軸足を持ちながら、良い仕事をするための意識を身につけることを目指します。職場の人材定着に貢献する研修プログラムです。

リーダー・主任・施設長対象

「保育現場における人材育成」

「職場のメンタルヘルス向上を目指して」

(管理監督職の立場から、職場の人材定着に繋がる職場づくりと、有効なコミュニケーション、実践的な思考・行動のポイントなどを学びます)

人材確保研修~潜在保育士と現場の懸け橋になる研修を提供いたします~

潜在保育士のためのサポート研修もお受けしています。現場に戻り(あるいは経験は殆どないが現場に出て)、良い仕事をしてみようと意欲を高めていただける研修、不安を軽減し、現在の保育現場でより良い仕事をするためのポイントなどを具体的にわかりやすく学んでいただく研修です。

※いずれも90分、120分、180分、終日、連日2日間など、企画段階からのご相談をお受けしています。

※法人内職員研修から大規模な集合研修(ステージ(階層別)から、さまざまな立場の保育士が集う研修まで)まで幅広くお受けしています。

テーマ

・子どもへのより良い関わりのポイント

・子どもの発達に寄り添う支援

・発達に特徴がある子どもと親への支援

・子どもの虐待‐その理解・対応について

・良い支援のための聴く技術

・相手に寄り添う保護者支援とは

・虐待防止を視野に入れた子育て支援

・保護者とのより良いコミュニケーション

・保育士のためのアサーティブ・コミュニケーション

・保育士のメンタルヘルス~バーンアウト(燃え尽き)を防ぐために~

・ストレスとの上手なつきあいかたを学ぶ~いきいきと良い仕事をするために~

・より良い職場づくり

・安心と信頼を生む接遇マナー

・自分自身の可能性を広げるために~保育士の自己理解と自己肯定~

・保育で困ったことQ&A

・ロールプレイで困った事例について学ぶ

・事例検討

・家族援助における保育士の役割

・クレーム対応について学ぶ

シリーズ研修

自己肯定感を育む保育(1)-子どもの遊びから考える

自己肯定感を育む保育(2)―子どもと保育者の関わりを考える

自己肯定感を育む保育(3)―親の自己肯定感を育む

自己肯定感を育む保育(4)―保育士の自己肯定感を育む

childcareworkertraining_03.jpg

講師

津村 薫

森﨑 和代

桑田 道子

窪田 容子

小田 裕子

前村よう子

下地久美子

安田裕子

保育士研修実績(各市町村保育士会、保育園連盟、社会福祉協議会主催集合研修など)

全国保育士会、群馬県、東京都、愛知県、滋賀県、京都府、京都市、大阪府、大阪市、兵庫県、奈良県、島根県、岡山県、広島県、徳島県、香川県、福岡県、熊本県、宮崎県、沖縄県、千葉県、鹿児島県など。

保育士対象の従業員支援プログラム(EAP)もお受けしています。

研修のご依頼・お問い合わせは 問い合わせメールフォームをご利用ください。

電話受付 (06)6232-8345 月~金 10時~17時(事務局は土日祝休)

ページトップへ戻る