カウンセリング

自分の性格に悩んでいる方へ

自分の性格が好きになれないと、悩んでいませんか?

自信が持てず、いつもネガティブに考えてしまう。 周りに気を遣いすぎて、疲れる。 引っ込み思案で、人の中に入っていけない。 つい人と比べてしまい、くよくよする。 人がどう思っているかが気になり、いつも不安がある。 こんな自分は誰からも好かれないと悲観してしまう。 不安が強く、いつも悪いことが起こるのではと落ち着かない。 幸せになってはいけないように感じる。 見捨てられ不安がある。 自分がないように感じる。 感情の波が激しく、コントロールできない。 余計なことを言ってしまい、後悔する。 協調性がなく、自分勝手と言われる。 怒りっぽく、すぐ感情を相手にぶつけてしまい、トラブルになる。 相手を傷つけているつもりはないのに、いつのまにか友人が疎遠になっていく。 嫌でたまらない親に、性格が似てきた気がしてつらい。 勝ち負けで友情を考えてしまって、自分のランクを気にしてしまってつらい。 腹立たしい思いを忘れられず、いつまでも根に持ってしまって苦しい。 言い返さなければ負けと思ってしまうので、言い過ぎてしまう。 自分の気持ちをうまく言えずに、後でもやもやする。 我慢し過ぎて、最後はかんしゃくを起こすようにキレてしまう。 無神経だと友人から言われることがある。 身近な人にすぐ依存してしまい、自分がないように感じてしまう。 「察してちゃん」「構ってちゃん」と友人から言われてしまった。

性格には、もともと持って生まれたものに、その後の体験が影響を及ぼします。もちろん、欠点のない人はいないので、いくらか好きではないところはあったとしても、自分自身をおおむねOKと思えればいいのです。しかし、必要以上にネガティブな考え方やとらえ方をしてしまうのは、つらいものです。対人関係のトラブルが続けば、人を避けたくなってしまうかもしれません。あなたの考え方やとらえ方、そして行動の癖やパターンが、あなた自身を苦しめているならば、そこに変化を起こしていけるといいですね。

フェリアン大阪・京都のカウンセリングでは、まず、あなた自身の考え方やとらえ方、行動について丁寧にふりかえり、癖やパターンに気づくことからはじめます。そこから自分自身を苦しめないあり方を模索し身につけ、自分自身はもちろん、周りの人ともうまくつきあってゆけるように、共に考え、サポートしていきます。

ページトップへ戻る